スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

決裂!行政書士!!【後編】(決裂編)

ここ数日、色々な事が重なり、mixiにログイン出来ない日が続いていました。

メッセージ頂いていた皆様、レスが遅れており申し訳ありません。

出来るだけ早く返信できるようにしますので、もう少しだけお時間下さい。(汗)

さて、諸悪の根源である、行政書士先生のお話完結編です。

8月末、「法人の認証が下りました、9月5日に登記が完了して法人格が持てます。」との連絡が入る。

5月の時点で準備していた、初期費用と運転資金は一度ご破算になっている。

行政書士先生の手腕に期待するしかない状況。

自分達のNPOのメンバーが本業の仕事までしていた数ヶ月間。

行政書士先生が、融資先として探して下さったのが、誰もが知ってる『国民金融公庫』通称『国金』(ここって、事業者だったら知らない人の方が少ないんじゃ?)

?マークを頭に沢山浮かべながら、国民金融公庫に同行、当然窓口では、事業計画書の提出を求められる。

「先生、これは、私が書いた方が良いんでしょうか?」

「はい、事業の内容は嶋村様しか分かりませんから。」

「先生にも事業計画書渡してますよね?そこから、文章の作成はできないんですか?」

「事業計画書は融資を受けるご本人が提出する事になっておりますので、頑張って、申請が通るような計画書をお書き下さい。」

「その、たたき台くらい作るのが先生の本業じゃないんですか?」

「私に出来るのはここまでですので、よろしくお願い致します、それでは、また、ご連絡を。」(つ、使えねぇ~)

勿論、稼動実績の無い、申請中のNPO法人、しかも、素人が時間が無い中バタバタで書いた計画書が審査を通るはずも無く、結果はただの無駄骨…。

行政書士へ結果の報告。

「そうでしたか、それでは、私の方でも他の方法を探してみます。」

「えっ!?同時進行で何もやっていなかったんですか?助成金の制度はどうなっているんでしょう?」

「私も色々調べて見たのですが、難しそうですね。」

「先生が調べたものを参考として教えて貰えませんか?」

そこで、出てきたものは、数件の銀行の名前。

「先生、これ、全部自分達も調べましたよ。」

「そうですか、それでは、もう少し調べてご連絡差し上げます。」

「……分かりました、では…。」

認証が下りてから約1ヶ月、行政書士からの連絡は無い。

その間、自分達は、これから動き出す為に必要な行政機関や、団体などに、もう一度お詫びを兼ねた挨拶回り。

あまりの連絡の無さに、しびれをきらせ、こちらから連絡、後日会議をする事に。

その会議で分かった事は、行政書士が、自分の凡ミスに、全く責任を感じていないと言う事…。

信頼、時間、資金、自分達が失った物の意味も大切さもまるで理解していない、むしろ、自分のミスなどは些細なものだと考えている事が、言葉の端々に感じられた。

ミスを犯した当初の必死さは、NPOの認証を通した時点で、無くなっていたのだろう。

自分のミスの責任を取ろうと言う意思は全く見えなくなっていた。

あまりの、誠意の無さに、自分達も方向転換をせざるを得なくなる。

メンバーの総意として、妥協に妥協を重ね、ロスしてしまった時間と使えなくなってしまったホームページなどの製作実費のみを請求する事に決定した事を伝えに、行政書士の事務所を訪ねる。

「先日の会議で、先生の誠意が全く伝わって来なく、現実に、何も行動して頂けない事が良く分かりましたので、先生のミスでこうむった、損失分、金銭的な部分のみで構いませんので、しっかりと責任を取って頂きたいのですが、先生はどの様にお考えですか?」

「その、損失した金額というものの全てが私の過失であると言う、因果関係を証明出来るものはありますか?それを出して頂いて、第三者を通したうえでなら、お支払い致しますが、現段階では、私にお支払いする意思は全く御座いません。」

「裁判と言う形で宜しいのでしょうか?自分達は、これからNPOに携わって下さる皆様に不安を与えない為と、先生の商売の邪魔にならない様、ギリギリまで、我慢して来た方法なのですが、先生はそれがご希望なのですね?」

「はい、構いません。」

「分かりました、理屈としては。正論ですね…、ただ、自分達が泥水をすすらされた数ヶ月を人道からみて先生はどの様にお考えですか?それと、助成金の件はどうなっていますか?」

「(全く悪びれずに)その事に関しましては、本当に申し訳御座いませんでした。」

「それだけですか?自分達のNPOを軌道に乗せる為に全力を尽くすと言ったのは先生ですよね?」

「必ず成功する企業など、ある訳が無いですから、出来る限りと言う意味では、私は全力を尽くしました。」

「これが、先生の全力なのですね、全く成果が上がっていないこの状態が…。」

「はい、全力です。」

「…理解しました、ところで、今更ながら、一つ質問なのですが、先生は、メンタル疾患に関わるNPO法人の立ち上げに関わる上で、顧客である自分達の肝になる、メンタル疾患について、何か勉強して下さった事はあるのでしょうか?」

「いいえ、全く勉強しておりません。」

「そうですか、それで、今日までの会話にいつも温度差を感じていた理由がやっと分かりました。」

決裂である。

こんな行政書士とは、二度と仕事をしたくない。

ただし、この結果によって、裁判をしなければ、自分達の損失が帰って来ることは無くなった。

裁判費用は、立替制度でなんとかなるだろうが、現実問題として、返ってくるはずの現金が返ってこなくなった事は大きい…。

しかも、今月は事務所の更新月、リアルに困ってます(苦笑/切実)


結果は、また日記でご報告します。

例え、どんな形になっても、NATURAL REBORNの火は消さないぞ!

という訳で、今日もこれから、金策に向かいます(笑)

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

  1. 2008/12/12(金) 20:25:24|
  2. NATURAL REBORN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<近況報告と事務所の移転について… | ホーム | 決裂!行政書士!!【中編】(出稼ぎ編)>>

コメント

行政書士について

いろいろと行政書士がご迷惑を掛けたとのこと、
同業者としてお詫び申し上げます。

さて取り合えずですが、一度問題の行政書士に「賠償責任保険」
に入っていないかどうか問い合わせてみてはどうでしょうか?

この保険は業務上の行為で依頼者に損害を被らせたときに、
損害額の賠償をする制度です。但し任意保険のため加入率が
行政書士の場合極めて低い(3割程度)です。
他の士業者団体にもこのような保険があり、こちらはほぼ全員が
加入しているようです。

もし、入っていない場合は、各都道府県に一個、行政書士会が
ありますのでそちらにご相談されるのも一案かと思います。

今回のどうしてこの行政書士を選んだのかは解りませんが、
HPなどから選ばれるのは非常に危険です。
多くの場合、勉強・実務とも全くゼロのでも取扱業務として
掲載しています。
知り合いの人に信頼の置ける行政書士を紹介して貰う方が
確実だと思います。

なお、登記に関しては行政書士が代理申請を行うこと、
申請書を作成すること自体違法ですので、
登記について何かの誤りがあり損害を被っても
保険の対象外になります。
  1. 2008/12/17(水) 19:30:23 |
  2. URL |
  3. 権佐 #-
  4. [ 編集]

懲戒請求をだされてはどうですか?
  1. 2008/12/19(金) 05:31:03 |
  2. URL |
  3. かすがい #-
  4. [ 編集]

↑行政書士に懲戒請求制度はない。
ただし、行政書士法に行政書士は、誠実にその業務を行なうとともに、行政書士の信用又は品位を害するような行為をしてはならない。

と、あるのでまずは所属行政書士会に相談するのがいいと思われる。
  1. 2008/12/25(木) 19:05:43 |
  2. URL |
  3. ロー生 #YG9ONXHE
  4. [ 編集]

はじめまして。

記事興味深く拝見させていただきました。。
その行政書士ひどいですね。
さすがに怒りがこみ上げてきましたよ。

かくいう私も行政書士の資格は持ってます(ただし行政書士として働いていません、サラリーマンです)。資格保持者として恥ずかしいです。。

裁判は起こしても構わないと思います。通常であれば認証が通っていたはずの時期にまだ降りてないということが証明できたらそれに付随する費用も損害賠償できます。うまくいけばその間に入っていたであろう収入も逸失利益として請求できる可能性もあります。
申請してから認証までの標準的な期間については都庁で聞けば教えてくれます。これで遅延の程度については分かると思います。

それと余談ですが申請に関しては内容の不備があっても補正を求めたりしつつ役所側が通るようにいろいろ教えてくれますのでこんな感じになること自体異常です。今回の不備なんてかなり形式的で初歩的な内容だと見受けられます。つまりその行政書士はそういったやりとりすらしてない可能性があります。任務懈怠も甚だしいですね。

私がこんなことをいうのはおかしいかもしれませんが役所関係の手続きは自身で行うことをお勧めします。最近の役所は親切に教えてくれますので何とかなります。
それに申請関係の知識は経営者サイドで把握していないと後々かなり危険です。行政書士に依頼してたから内容知りませんは通用しないです。コンプライアンスが重視される時代ですので。。めんどくさいかもしれませんが自分で進めたほうがいいです。対行政との交渉とか指導とか監査とか・・そういった場面で後々必ず役に立ちます。

NPO事業頑張ってください。心より応援しています。
  1. 2008/12/28(日) 03:44:08 |
  2. URL |
  3. gaia #kHc7.o4M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mentalreborn.blog104.fc2.com/tb.php/97-2fa381c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。