スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪化粧

雪化粧

久しぶりに結構な量の雪が降ったんで思わずUP。

写真は近所の城跡。

タバコを買いに行った帰りに一服しながら、カシャリ。

ガキの頃はここによく登って遊んでたっけw

雪は好きなんだ…(見てる分にはw)
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2009/01/31(土) 21:17:55|
  2. シングルパパ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

問題提起

昨日の日記についてコメント頂いた事で、自分が以前から感じていた事を書いてみようと思いました。

NPO法人の代表としてではなく、私個人の見解だったり想いだったりするので、一人称は、普段使っている『私』や『自分』を使わず、『俺』で書かせて貰いたいと思っています。

全体公開の日記なので、法人の代表としては不適切なのかも知れないですが、俺の思いを素直に書くには、『私』や『自分』だと、違和感があるので…。

不愉快な思いをする方がいたらごめんなさい。
==================================================

誰かに悩みを相談する事(メンタルな部分だけでなくても)について思う事とプライバシーについて思う事


俺個人の見解としては、「誰かに悩みを相談している」って事が恥ずかしい事だとか、情けない事だって考えてしまう、もしくは考えざるざるを得ないという、現状(国柄や風土、生育環境とかの影響でね)が、カウンセリングや、各種相談機関を利用したい方達の敷居をあげてしまっている事は事実だと思うんだ。

これも、個人的な見解になってしまうけど、悩みを持つ人(メンタル面に関わらず)疾患を持っている人(メンタル面に関わらず)に対する偏見って外部(世間や社会、場合によっては家族も含め)からだけじゃ無い気がするんだよね…。

内部(つまるところ、自分自身の内面)にも自分自身に対する(ある意味での)偏見があるんじゃないかと考えているんだ、勿論、俺自身を含めてね。

皆さんはどう思いますか?と言う事が一つ

こう言う事を考えた時に、プライバシーってどこが境界線だと皆さんは考えてるんだろうなって疑問が浮かんだんだよね…。

勿論、俺自身の中には、職業理念としてのプライバシーの定義だとか、守秘義務に関しては厳守している。

ただ、これは現実の世界の話である訳、当たり前の事過ぎて、ここに書くのも馬鹿らしい話なんだけど、mixiを経由してご相談を受けた方に関しても、その内容を、外部に漏らす事はあり得ないんだけどさ。

ただね、mixiに限らずネット上は、虚構の自分を作れる訳じゃない?

実際、俺自身の所にも、精神疾患を偽った人から相談メッセージを貰い、相手を傷付けない言葉を一字一句選び、熟考に熟考を重ね、1通の返信に数時間かけて返信したら、相手から帰って来た返信内容が

「カウンセラーっていうのがどんな答え方すんのか興味あったけど結構まともに答えてくれんじゃん(笑)俺、本当は女じゃないし病気でもないから安心していいよ~(爆)」

なんてのが、何十回もあったりした訳よ…、当然返信後、すぐに退会するかアクセス禁止になってたりする訳だけど(今は殆ど無い、もしくは分かる)

こういうのを相手にしてると、俺はいったい何やってんのかなぁって思った事もあったけどさ、本当に辛かったり、苦しんでいたりする人も間違いなくいる事も分かっているから現在に至る訳だけど…。

ネット上で本名を明かす必要なんて勿論無いし、それぞれの事情で言えない事、書けない事があるのは重々承知の上で、ネット上のプライバシーのあり方と現実との境界線っていうのを皆さんはどう捕らえてるのかな?って言うのが知りたくて、こんな文章を書いてみました。

何か感じるものがあったら、コメント頂けると嬉しいです。

まぁ、あんまり難しく考えない程度でいいのでw

また、コミュの今後のシステムの再考に関しては、マイミクさんより、ありがたいアドバイスを頂いたので、それを考慮しつつ見直して見るつもりです。

なので、少し保留にさせて下さい(汗)

「警察官のメンタル疾患の認識ってどうなのさ?」編は明日以降のUPで許して下さい!

テーマ:カウンセラーやセラピストのお仕事 - ジャンル:心と身体

  1. 2009/01/30(金) 18:20:32|
  2. MENTAL REBORN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

NPOイベント報告&近況報告(簡略版)

090125・ワイヤークラフト1 090125・ワイヤークラフト2
ご無沙汰しております…。

mixiから10日程行方をくらましていた「なり」です。

みなさん覚えてくれてますか?(汗)

昨日1月25日NPO法人ナチュラルリボーン/峠工房共同開催「ワイヤーアートとビーズクラフト&悩み事相談会」好評のうちに終了致しました。

参加頂いた皆様はもちろん、今回のイベントの会場提供から、手作りサンドウィッチまで提供して下さった、峠工房のスタッフの皆様、今回のイベントの講師を務めて下さった伊藤先生(ゆたか屋)そして、イベントのプロデューサーを務めて下さった「Attitude ひで」さん、ご協力心から感謝です!

峠工房ホームページ
http://tougekobo.sakura.ne.jp/

今回のイベントで一番印象に残ったのは、小学生のちびっこ達のニッコニコの笑顔!

ワイヤーをグニャグニャ、色とりどりのビーズに目がきらきら!
最後は先生に自分の作品を手直ししてもらい、満足、手作りサンドウィッチにさらに大満足でお家に帰ってくれたのが一番印象的でした!

一応メンタル的なことの相談会が メインになるはずだった方が、ワイヤーアートの方で満足して頂けた事で、悩み相談は今回は無しでも十分イベントとして成立していたので、NPOの初回の大きめのイベントとしては成功だと思っています。(私自身は、殆ど役立たず状態でしたがw)

今回のイベントに諸事情で参加出来なくなってしまった方も、開催日程は今のところ未定ですが、第二回の開催も視野に入れていますので、次回のご参加お待ちしております!

写真は今回のイベントの参加者の方の作品の一部です
================================

近況報告

10日間程行方をくらませていた時期、実は、東京に戻っておりました。

今回のイベントの下準備は勿論、NPO法人事務所の仮移転手続きやら、書籍化に向けてのタイトルや、カバーデザインの更正などを編集者の方と打ち合わせ等をしていた為、水面下に潜っていた印象を与えてしまった事は申し訳なく思っております。

イベント終了後、新幹線で宮城県に戻り、本日ネットの環境が整い久しぶりに、自分のPCから日記をUPなのですが、一度長文の日記をUPしたのを間違って消してしまったのと、PC放置期間中にたまりにたまったスパムメール1万6千件ほどの消去、点検作業がこれから、待ち構えているので、本日の日記は簡略版とさせていただきます(汗)

テーマ:セラピー&ヒーリング - ジャンル:心と身体

  1. 2009/01/26(月) 22:31:07|
  2. NATURAL REBORN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イベント開催告知!

今年1発目のイベント開催の告知です!

私もこのイベントに合わせて東京に戻ります。



NPO法人ナチュラルリボーン/峠工房共同開催


オリジナル アクセサリー教室

&(あ~んど)

悩み事相談会





開催日 1.25(日曜日)
時間 13時より
場所 峠工房(小田急線・相鉄線大和駅下車)
雨天決行!!



ワイヤーやビーズ等を使う自作オリジナルアクセサリー教室開催のお知らせです♪

誰にでも簡単に始める事が出来るワイヤーアートとビーズクラフトを体験してみませんか?

御高齢の方には趣味として、障害を持ってしまった方々からはリハビリテーションの一つとして今大変人気のあるワイヤーアート&ビーズクラフトは小学生~誰でも年齢に関係なく製作を楽しむ事が出来ます。
大人も子供も気軽に参加してください。

手先や神経を使い
集中力を高め
想像力を発揮し
創造して行く
ワークセラピーとしての効果も高く人気があるワイヤー&ビーズを是非この機会に体験してみて下さい。

色々と皆で意見情報交換談笑などをしながら、軽食・菓子類をつまみ気楽に気軽に製作しましょう。



当日は相談員のほかに私も悩み事相談の担当として参加致しますので、御自身や知人・友人などのメンタルの問題、メンタルや障害に関して悩みを持つ子供やその保護者の方の相談も別室にて行います。

1対1で話すもよし、同じような悩みを抱える方と語るもよしのフリーな相談会。

勿論、相談だけを希望される方にも応じてますのでお気軽に問い合わせ下さい。

参加費 1.500円(材料費・飲食費・相談料・会場費など諸経費込み)

主催 峠工房
神奈川県横浜市泉区上飯田町4729
電話 045-301-4646
峠工房への行き方等は直接電話して御確認下さい。
又、当日まとまった人数でいらっしゃる場合には峠工房の方から車で迎えに行きます。

NPO法人 ナチュラルリボーン

申し込み期日

1.23金曜日 夕方迄


質問・疑問点はコミュもしくは、今回のイベントのプロデュースを担当して下さった 
Attitude ひでさん
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=19601832
へのメッセージで御願い致します。

特に秘密にしたい事や…人に聞かれたくない質問等は、今回、私のネット環境が整っていない為、返信が遅れる可能性が高いため、Attitude ひでさんへメッセージをお送り下さい。

近隣にお住まいの方、ワイヤーアートとビーズクラフトを体験してみたい方、お気軽にご参加下さい。

取り急ぎご報告まで!

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

  1. 2009/01/14(水) 13:25:55|
  2. NATURAL REBORN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…』

についてのご報告です。

多くの方に、ご感想を頂いておりました、自分のライフワークでもあった『メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…』が、ここ数年話題の『血液型別自分の説明書』を出版している文芸社様よりお話を頂き、年内に書籍化、全国出版させて頂く事に決定致しました。

『メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…』は、自分の中でもたくさんの想いや葛藤があり、何度も筆を置きたい衝動に駆られた文章でした。

自分の経験から、何かを感じてくれる方が一人でもいれば…、反面教師的な役割の文章にできれば…と書き始めたものでしたが、途中途中で、
もうこれ以上書かなくてもいいんじゃない?と言う気持ちと闘いながらも、一応の完結を迎える事が出来たのは、皆さんからの温かいコメントやメッセージまた、飛躍的に伸びたアクセス数に支えられてのものでした…。(多謝)

今回の書籍化に伴い、担当の編集者さんともいろいろ相談をしながら、あえて、ネットでは公開出来なかったエピソードも加え、曖昧だった時間軸等も修正しつつ、加筆修正したひとつの読み物として、そして、俺から嫁さんへの贈り物としても完成させる事ができました。

とはいえ、今現在も正式なタイトルは未定で、正直頭を悩ませております、それというのも、全国流通という、ある意味でのチャンスを文芸社様から頂き、俺自身の経験が、実は「対岸の火事」では無く、もしかしたら、いわゆる健常と言われる方達にもいつなんどき、自分の大切な人がメンタリティに支障をきたしてしまうかも知れないという事への警鐘を鳴らすという意味でも、メンタル疾患に縁のない方達にも、目を通していただける様なタイトルを付けたいと考えています。

また、書籍化において様々な事情があり、ノンフィクションであるが故私、嶋村以外の登場人物は仮名となる事をお許し下さい。

本日は、『メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…』に目を通して下さった、全ての方に、改めて感謝をしたく、この文章を書かせて頂きました。

皆様に、感謝をしつつ、今後、出版予定日等、決定次第ご報告させて頂こうと思っています。



追伸
俺自身、『メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…』は、俺が書いた文章ではありますが、これを一度でも目を通してくれた人達と嫁さんも含めた、みんなが書かせてくれたものだと認識しています。

>『みんな』へ
「心から、ありがとう。」

嶋村 

テーマ:うつと暮らす - ジャンル:心と身体

  1. 2009/01/10(土) 17:26:31|
  2. MENTAL REBORN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

近況報告と事務所の移転について…

みなさん、大変遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

昨年末の親子インフルエンザ(苦笑)時、沢山の温かいコメントありがとうございました。
おかげさまで、親子共々健康になりました。

昨年は本当に、みなさんに支えて頂いた一年だったと、今更ながら、痛感しております。(多謝!)

さてさて、皆様へのご報告が事後報告の形になってしまい大変申し訳ないのですが、東京都新宿区四谷にありました、カウンセリングルーム兼、NPO法人の事務所をこの度移転する事になりました。

この事が正式に決定したのが年末も押し迫る時期、しかも急転直下の決定だった為、ご報告が遅れてしまった事をこの場を借りて深くお詫び致します。

移転の理由は、件の行政書士の問題が解決しないまま、事務所の契約更新の時期を向えてしまった資金的な事情と、今後の活動の為に必要なスペースが、娘の成長に伴い確保出来なくなると感じた事が主な理由です。

現在は、私の実家に一時的に家具などを移動し、年末年始を過ごし、今後の東京での活動拠点を改めて検討中です。

昨年末には、沢山の方からご助力や情報提供も頂いていたにも拘らず、親子揃ってインフルエンザの体たらく…、最も動かなければいけない時期に、私はともかく、娘を外に出す事が出来ず、それらを活かせなかった事を大変申し訳なく思っております。

また、今、この状況においても、ネットの環境が整っておらず、携帯電話も経年による劣化の為か不調なため、この文章を書いているのも、友人のPCを借りての状況ですので、ネット環境の仮移転作業が済むまでは、不定期なログインになり、ホームページからのメールに関しては、拝見する事すら出来ない状況です、年末年始にかけて、ご連絡頂いている方がいらっしゃいましたら、もう暫く、お時間を頂ければ幸いです。

しばらくの間は、皆様に不便、不都合を感じさせてしまうと思いますが、諸々の問題を片付けながら、もう一度、足場を安定させるつもりですので、少々お時間を下さい。

現在、私、嶋村自身は、この様な状態ですが、NPO法人ナチュラルリボーンの活動は、理事の面々を中心に途絶える事無く活動中です。

新事務所が決まるまでは、郷里と東京との往復が続く予定ですが、今後も、私自身が活動を辞めるつもりは毛頭ございませんので、改めまして、今後ともよろしくお願い致します!




郷里に戻って盛り場を覗く機会があった…。

自分が若かった頃よりも、若い子達が病んでんなぁ…と感じた…。

二足、三足の草鞋も悪くない。

何より、子供たちの未来の為に、踏み台になる人生もありかな?って思ったりもしました。

では、また。。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

  1. 2009/01/09(金) 13:20:19|
  2. MENTAL REBORN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。