スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

問題提起

昨日の日記についてコメント頂いた事で、自分が以前から感じていた事を書いてみようと思いました。

NPO法人の代表としてではなく、私個人の見解だったり想いだったりするので、一人称は、普段使っている『私』や『自分』を使わず、『俺』で書かせて貰いたいと思っています。

全体公開の日記なので、法人の代表としては不適切なのかも知れないですが、俺の思いを素直に書くには、『私』や『自分』だと、違和感があるので…。

不愉快な思いをする方がいたらごめんなさい。
==================================================

誰かに悩みを相談する事(メンタルな部分だけでなくても)について思う事とプライバシーについて思う事


俺個人の見解としては、「誰かに悩みを相談している」って事が恥ずかしい事だとか、情けない事だって考えてしまう、もしくは考えざるざるを得ないという、現状(国柄や風土、生育環境とかの影響でね)が、カウンセリングや、各種相談機関を利用したい方達の敷居をあげてしまっている事は事実だと思うんだ。

これも、個人的な見解になってしまうけど、悩みを持つ人(メンタル面に関わらず)疾患を持っている人(メンタル面に関わらず)に対する偏見って外部(世間や社会、場合によっては家族も含め)からだけじゃ無い気がするんだよね…。

内部(つまるところ、自分自身の内面)にも自分自身に対する(ある意味での)偏見があるんじゃないかと考えているんだ、勿論、俺自身を含めてね。

皆さんはどう思いますか?と言う事が一つ

こう言う事を考えた時に、プライバシーってどこが境界線だと皆さんは考えてるんだろうなって疑問が浮かんだんだよね…。

勿論、俺自身の中には、職業理念としてのプライバシーの定義だとか、守秘義務に関しては厳守している。

ただ、これは現実の世界の話である訳、当たり前の事過ぎて、ここに書くのも馬鹿らしい話なんだけど、mixiを経由してご相談を受けた方に関しても、その内容を、外部に漏らす事はあり得ないんだけどさ。

ただね、mixiに限らずネット上は、虚構の自分を作れる訳じゃない?

実際、俺自身の所にも、精神疾患を偽った人から相談メッセージを貰い、相手を傷付けない言葉を一字一句選び、熟考に熟考を重ね、1通の返信に数時間かけて返信したら、相手から帰って来た返信内容が

「カウンセラーっていうのがどんな答え方すんのか興味あったけど結構まともに答えてくれんじゃん(笑)俺、本当は女じゃないし病気でもないから安心していいよ~(爆)」

なんてのが、何十回もあったりした訳よ…、当然返信後、すぐに退会するかアクセス禁止になってたりする訳だけど(今は殆ど無い、もしくは分かる)

こういうのを相手にしてると、俺はいったい何やってんのかなぁって思った事もあったけどさ、本当に辛かったり、苦しんでいたりする人も間違いなくいる事も分かっているから現在に至る訳だけど…。

ネット上で本名を明かす必要なんて勿論無いし、それぞれの事情で言えない事、書けない事があるのは重々承知の上で、ネット上のプライバシーのあり方と現実との境界線っていうのを皆さんはどう捕らえてるのかな?って言うのが知りたくて、こんな文章を書いてみました。

何か感じるものがあったら、コメント頂けると嬉しいです。

まぁ、あんまり難しく考えない程度でいいのでw

また、コミュの今後のシステムの再考に関しては、マイミクさんより、ありがたいアドバイスを頂いたので、それを考慮しつつ見直して見るつもりです。

なので、少し保留にさせて下さい(汗)

「警察官のメンタル疾患の認識ってどうなのさ?」編は明日以降のUPで許して下さい!
スポンサーサイト

テーマ:カウンセラーやセラピストのお仕事 - ジャンル:心と身体

  1. 2009/01/30(金) 18:20:32|
  2. MENTAL REBORN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<雪化粧 | ホーム | NPOイベント報告&近況報告(簡略版) >>

コメント

こんばんは

ブログいつも拝見しています。

活字のみのコミュニケーションゆえ、悪意を見極めるのが難しい点があるかと思います。ご苦労お察しします。

精神病疾患者の「内部の偏見」に関しては、賛同する面もありつつ、外ならぬ「病気」が原因で「持たざるを得ない」偏見、というものが大きいのではないかとも思います。

それは統合失調症の妄想症状に限らず、生活の上で共に過ごしている健常者と自身を比べた時にどうしても感じる劣等感や、心ない言葉を浴びせられた経験から殻に閉じこもりがちになって、自分自身の中に作ってしまう外との壁だとか…

嶋村さんのおっしゃりたい事とズレていたらすみません。

NPOの活動、書籍の出版、頑張ってください。一病者として応援しております。
  1. 2009/02/01(日) 23:03:04 |
  2. URL |
  3. もも #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mentalreborn.blog104.fc2.com/tb.php/102-528b4aef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。