スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…

と、題しまして。
自分と、嫁さんが過ごして来た時間を懐古しながら、今現在、そういった状況で、悩んだり、困ったり、つまづいたりしている、人達の何かの役に立てればと思い、不定期で、自分と嫁さんのエピソードを、小出しに書き綴って見ようかな、なんて思ったりしました。


エピソード1 「メンタル疾患のカミングアウト」

嫁さんと正式に付き合いだして、数度目のデート。

場所は、俺のお気に入りの、70年代~90年代の洋楽がいつも流れてる、小さなバー。

いつも通りにビールで乾杯、適当にオーダーを済ませる。

普段と変わらない、何気ない会話、2杯目、バーボンが好きな2人はジャックダニエルのロックをオーダー。

ここで、嫁さんから珍しく提案。
「今日の分、私が出しちゃダメ?」

「どうしたの?いいよ、俺が出すから。」

「今日だけはお願い、私が出したい、話しておきたい事があるから…。」

「まぁいいや、飲み終わるまでに考えておくわ、で、話したい事って何?」

「あのね、私、なりさんに言って無い事があるんだ…」

「何の事?歳の事ならもう知ってるよ(笑)」
(うちの嫁さん6歳年上。)

「違う…(苦笑)、私の持ってる病気の事…」

それから、嫁さんは、自分が持っている、鬱や、自殺願望をはじめとする、様々な症状を、俺に話してくれました。
そして…

「嫌な話してゴメンね、私ちょっと化粧直しに行ってくるから…それで、もし、この話聞いて、嫌だなと思ったら、私が戻って来るまでに、店からいなくなっててもらってもいい?」

「そっか、わかった、行っといで。」

「なんで、私が払うって言ったか分ったでしょ?(笑)」

「あぁ、わかったから、早く行ってこい。」

席を立つ嫁さん、俺の頭の中に、たった今、見せられた、リストカットの薄い、けれども、無数の傷跡が横切る…。

普段は行かない化粧直し…。




「なんで、まだいるの?」

「『なんで』じゃない!『だから』ここにいるんだよ!」

「バカじゃない?」
そう言いながら、嫁さんが席をはずしている間に、2人分オーダーしておいた、ジャックダニエルのロックをすすり泣きながら、飲んでいる嫁さんの姿をみて。

俺は、こいつの事を死ぬまで守って行くんだなって、思ったりした。(ノンフィクション)

続く

んですが、「もう、こんな物読みたくねぇよ!」(怒)
って方がいましたら、コメント下さい、即やめます。(笑)

自分の場合、嫁さんがメンタル疾患の事を隠さずに言ってくれた事で、嫁さんの事を信じようと思ったのですが、そうじゃない人達も沢山いるのが、現状だからな…。

こう言う偏見を、今後何とかして行きたいと、今後の事を模索中です。


メンタルヘルスブログランキングに参加しています。どうぞよろしく。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

ご協力よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
20070907151824.gif

FC2 Blog Ranking
ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:たいせつなひと。 - ジャンル:心と身体

  1. 2007/08/29(水) 03:07:57|
  2. メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ… | ホーム | 娘のお迎えで、気付いた事…。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mentalreborn.blog104.fc2.com/tb.php/30-013621c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。