スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…

エピソード4 「はじめての大喧嘩」(前編)


嫁さんの手料理をはじめて食べたのは、同棲しだして数日目だった…。

「そう言えは、俺、お前の手料理って食べた事無いよね?」

「あぁ…、そうだね…。」

「何でもいいから作って貰っていい?」

「今日!?」

「俺、朝飯喰わないじゃん、昼飯でいいよ。」

「…………。」

しばらくの間、熟考…。

「分った…、その代わり、絶対何でもいい?」

「いいよ、じゃ、楽しみにしてるな。」

「…、買い物行って来る。」

「スーパー?、俺も行こうか?」

「いい!」

即答で断られる、しかも断固拒否の構え。(苦笑)

「なんで?」

「一人で行きたいの!」

「ん~、まぁいいや、行っといで。」

徒歩3分のスーパーから、嫁さん1時間後に帰宅、手には小さいサイズのビニール袋一つのみ…。

「お帰り、時間掛かったわりには、袋ちっちゃいね。(笑い)」

「いいの!」

「そろそろ、腹減ったから、飯、頼んでもいい?」

「じゃあ、キッチン開けないでね、って言うか、1時間くらい外で時間潰して来て!」

「えっ?何で?」

「いいから、ちゃんと作っておくから、少し出て行って!」

「分った、分った、1時間後な?」

「うん。」

「ったく、鶴の恩返しじゃねぇんだから…。(苦笑)」

1時間後帰宅、思った通り、嫁さんの指に「絆創膏」。

「切ったの?、深い?」

「大丈夫、少しだけ、でも、ほら、作っといたよ。」

テーブルを見る…。
ごはん、そして、六角に剥いた里芋の煮付け…以上。
「里芋六角に剥いたんだ、凄いね!でも…。」
「これだけ?」

「うん。」

「シンプルだな…、随分…。(苦笑)」

「しかも、随分自信有るんだな、一品だけ…、しかも煮物(笑)」

「……、食べてみて。」

取り合えず食べてみる。

「どう?」

「飯は普通。」

「里芋は…?」

「まぁ…、美味いな…。」

「ほんと!?、おいしい!?」

満面の笑みの嫁さん、自分も箸を運ぶ…。
嫁さんの表情が固まる…。

「これ、おいしいの?」

「え~と…、まあな。」

「本当の事言って。」

「まあ、はっきり言えば、里芋の味が存分に活かされ過ぎてて、里芋の味しかしない、強いて言えば、里芋が美味い。(笑)」

「ごめんね、わたし、料理得意じゃないんだ…。」
「本の通りにつくったのになぁ…。」

「いいよ、しばらくは、家で飯喰う時は、俺がつくるから、それ見て覚えて。」
「あと、味噌汁とか、汁物が有ると嬉しいかも…。」

「ほんとはね…、わたし、家で家族そろってご飯ってあんまり食べた事ないんだ…、味噌汁とかも無かったから忘れてた、ごめんね…。」
「もっと勉強するね!、ごはん、なりさんに作ってあげたいもん。」


この時が、はじめて嫁さんの手料理を喰った日。

数ヶ月が過ぎ、嫁さんの料理も随分上手になってきた頃…。

(その過程では、ごはん、味噌汁、ぶりの照り焼きと、トンカツ…おい!、何でメインが2つもあるんだ?みたいな日も多々あったが/苦笑)

はじめての大喧嘩は、些細言い合いが原因で起きる事になる。



後編へ続く
スポンサーサイト

テーマ:たいせつなひと。 - ジャンル:心と身体

  1. 2007/09/29(土) 15:31:09|
  2. メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ… | ホーム | エピソード1・5 「プロポーズ?」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mentalreborn.blog104.fc2.com/tb.php/36-252c2b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。