スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…

このエピソード達は、俺と、嫁さんが過ごして来た時間を懐古しながら、今現在、
そういった状況で、悩んだり、困ったり、つまづいたりしている、人達の何かの役に立てればと思い、不定期で、自分と嫁さんのエピソードを、ノンフィクションで、書き綴っているものです…。

現在進行形の物語ではないので、ご注意を…。



エピソード6 「恋心と偏見と…」

クリスマス、嫁さんへ正式にプロポーズを済ませた。

当時の俺達は、嫁さんの精神状態も安定していた時期で、
「お互いが、お互いを必要としている」事を確信できる幸せな時期だった。

「なりさん、この間の事、お父さんに話してもいい…?」

「構わねぇよ。」

「ほんとに?」

「ああ、俺もとうとう、年貢の納め時だな。(笑)」

「お正月、実家に帰る時に、話してくるね、お母さんの命日もあるから、お母さんにも、報告して来る。」

「わかった、俺、正月帰んないけど、俺も適当にやっておくわ。」

「てきとーって何よ!結構大変なんだからね!」

この言葉の意味の重さを、俺は数年後に思い知らされる事になる。

年末、正月、久しぶりの一人の時間、(そばにいるべき人がいない…)

初めて味わう、感覚だった…。

人間や、車の数が、嘘のように減った、環七を眺めながら1人で外食、帰宅後、
留守番電話が点滅している事に気付く…。

(嫁さんからかな?)
留守電を聞いてみる…。

「なりさん、仙台、光のページェント綺麗だよ…、一緒に見たかったな…、………
今日、お父さん達になりさんの事、言いました…。
帰ったら、詳しく話すね、おやすみなさい……、早く帰りたいなぁ、
なんか寂しくなりました、おやすみ。」

「だったら、早く帰って来い…。」思わず口に出た独り言に、
(あいつは、今まで付き合って来た誰とも違うんだな)なんて、当たり前の事に気付かされた…。

「空気」、人がそれぞれ持っている「空気」。(ニュアンス伝わるかな?)

俺は嫁さんといる時に、感じる「空気」が好きだった、俺が自然体でいられる
「空気」を持っている嫁さんを、守り、温め、癒してあげたいと思っていた…。


1月4日嫁さんが帰って来た。
俺の大好きな「空気」と、笑顔をお土産に…。

「ただいま、待っててくれた?、寂しかった?」

「まあな、寂しかった。」

「珍しい!素直じゃん!(笑)」

「ちょっとな、お前の留守電聞いたら、寂しくなった、お前がはじめてだよ、
お前の事、嫁さんに選んで良かったと思ったよ。」

その時嫁さんの表情が曇る…。

「ありがとう、なりさん今度、お父さんにあってくれる?」

「必要だもんな、それは、それより、何かあっただろう?」

「う~ん、大丈夫なんでも無い…。」

「お前の大丈夫は、大丈夫じゃ無いんだよな?」

「ばれた…。(苦笑)」

「揉めた?」

「少し、苦戦した(笑)、でもOK貰ったよ!」

この、嫁さんの「少し、苦戦した。」が、家族の大反対を押し切って、無理やり
もぎ取った「OK」だった事が、数年後の親族間調停の場で明らかにされる事になる…。

理由は簡単、俺が、1流企業のサラリーマンじゃ無いから、以上。(苦笑)

「でも、わたしの病気の事に関しては、相変わらず、全然分かって貰えなかった…。」

「しょうがねぇさ、そっちは、まずは、二人でなんとかやって行こうや!」

「うん、分かった、ありがとう、家族の事は、あんまり考えない様にする、これからもよろしくお願いします。(笑)」

「俺の方は、親から了解とっておいたから。」

「わたしの、病気の事、ご両親に話したの…?」

「言ったよ、最初、ごちゃごちゃ、言ってたけど、つまんねぇ偏見で、何もわかんねぇのに、俺が選んだ相手の文句言うなって、納得させといた、だから心配すんな、
何も文句言わせないから、そこは守るよ、男だからな。(笑)」

「ありがとう、なりさんの事信用する…。」

「で、お前のとこの家族にいつ会いに行けばいい?」



続く
スポンサーサイト

テーマ:たいせつなひと。 - ジャンル:心と身体

  1. 2007/10/07(日) 17:17:47|
  2. メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ… | ホーム | メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/10/08(月) 18:38:52 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mentalreborn.blog104.fc2.com/tb.php/39-21e918c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。