スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…

このエピソード達は、俺と、今は亡き、嫁さんが過ごして来た時間を懐古しながら、今現在、そういった状況で、悩んだり、困ったり、つまづいたりしている、人達の何かの役に立てればと思い、不定期で、自分と嫁さんのエピソードを、ノンフィクションで、書き綴っているものです…。

現在進行形の物語ではないので、ご注意を…。



エピソード8 「結婚準備」(式場選び編)

何となく後味の悪い、両家顔合わせを済ませ、本格的に、嫁さんとの結婚準備に取り掛かる、あの時の嫁さんは、パニック発作を起こす事がたまにある程度で、精神的には非常に安定していた時期だと思う。

「なぁ、結婚の準備って、何から始めりゃいいの?」

「まず、式場選ばなきゃね、なりさん、どこか希望ある?」

「無い!お前の好きな場所でいいよ、俺、基本的に無宗教だし。」

「そうだよね…、聞いた私がバカだった。(笑)」

「わたし、チャペルのあるところがいいな。」

「じゃぁ、それで。」

「テキトウだなぁ…。」

「お前さ、ホテルとかでもいいの?、それだったら、俺、コネ持ってるよ。」

「ほんと!、どこでもいいの?」

「バカ言うなよ、知り合いの系列だけだよ。(苦笑)」

「じゃぁ、何箇所かわたしが選んで、なりさんのコネクションが使えるかどうかって感じでいい?」

「いいよ。」

「でもさ、実物見に行かないと分かんないよね?、今度の休みから、式場巡りしよう?、だめ…?」

「俺も、って事だよな?、やっぱり…。」

「当たり前でしょ!」

「はい、はい、了解。」

「ハイは一回でいいの!取りあえず、今週はどこから行こうか?」

きびすを返し、PCに向かう嫁さん、後姿からも、嬉しさが伝わって来る、
(子供みたいだ。)と思いつつも、それが愛しいと感じている自分に気付く。

それから、数週間、式場巡りに引き摺りまわされる事に…。

結構な数の式場を見て回り、俺のコネと嫁さんの趣味との折り合いが付いた式場が、青山ダイヤモンドホールだった。

式場に何度か足を運び、式の日程や、料理を決めて行く。

「なんか、私だけで決めてない?、なりさん何か希望とか無いの?」

「俺からは無いよ。」

「他人事みたいな言い方だね!ほんとに、結婚する気あるの?(怒)」

「じゃぁ俺から、1個だけ希望!」

「何?(怒)」

「一回きりの結婚式だ、お前がやりたいように、後で後悔しない様に、お前が全部決めろ、俺は、お前が、ガキの頃から夢に見てた形の結婚式をしてあげたい…、これが、俺からの1個だけの希望、以上。」

「ごめん…、ありがとう、そんな風に考えてくれてたとは思ってなかった…。」

「いい結婚式出来るといいな。」

「うん。」

「これで、式場と日程は決まりだな、あと、何の準備すればいいの?」

「いっぱいあるよ!、頑張ってついて来てね!(笑)」

「あいよ。(苦笑)」

この時の嫁さんは、本当にアクティブだった、以前の様に、朝のベットから、
抑うつ状態から抜け出せず、辛そうな表情で身支度をし、玄関の前で、
へたり込む…。

そんな嫁さんの姿を、最近見ていない事に今更ながら、気が付ついた…。



「結婚準備」(婚約指輪、結婚指輪編)へ続く
スポンサーサイト

テーマ:たいせつなひと。 - ジャンル:心と身体

  1. 2007/10/16(火) 00:09:39|
  2. メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…(エピソード8) 「結婚準備」(ドレス、婚約指輪、結婚指輪編) | ホーム | メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mentalreborn.blog104.fc2.com/tb.php/41-248b78d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。