スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…(エピソード13) 「受胎告知」(後編)

このエピソード達は、俺と、今は亡き、嫁さんが過ごして来た時間を懐古しながら、今現在、そういった状況で、悩んだり、困ったり、つまづいたりしている、人達の何かの役に立てればと思い、不定期で、自分と嫁さんのエピソードを、ノンフィクションで、書き綴っているものです…。

現在進行形の物語ではないので、ご注意を…。





エピソード13「受胎告知」(後編)


俺の子供が、嫁さんの中にいる…。

勿論、喜びは、計り知れない程のものがあった…

ただ、同時に不安も…

嫁さんが、毎食後に服用していた、数十錠にも及ぶ、向精神薬の量…

電車に飛び乗った俺は、そんな事を考えながら、家路を急いだ…。

俺よりもずっと、不安に晒されているであろう、嫁さんを抱きしめ、『ありがとう』を言う為に…。

はやる気持ちを抑えながら、通い慣れた駅から家までの道を、足早に歩く、10分弱の道のりがいつもより、長く感じる…。

「ただいま、30分以内に戻ったろ?」

「おかえり、仕事どうしたの…?」

「休み貰って来たから、心配すんな!」

「ごめんね、どうしたらいいのか分からなくなって、電話しちゃった…」

「そんな事どうでもいいよ…、まずは…。」

立ち上がって来た嫁さんの頭に手をのせ、抱き寄せる。

「不安だったろ?、ごめんな…、で、ありがとう。」

嫁さんの腹に手を当て、そっと撫でる。

「なりさんは喜んでくれてるの?」

「バーカ、当たり前だろうが!、俺が出来る事なら、何でも協力する、だから、この子、産んでくれねぇか?」

「なりさん喜んでくれてるんだね、わたし、この子のママになってもいいんだ…、嬉しい…。」

「薬とか、どんな感じ?、それ、ずいぶん前からお前心配してたよな?」

「その事なんだけどね…。」

「ん?」

「やっぱり、気づいてなかったか…。」

「何が?」

「これってね、本当に偶然なんだけど、この子が私のお腹に来てくれた頃からね、お薬飲むと、何となく、調子が悪いような気がして、その頃から、睡眠薬と、胃腸の薬しか飲んでなかったんだよ!、あれだけの量を毎日飲まないと、不安で、不安でしょうがなかったのに、不思議だね、凄いでしょ、わたし!」

「そうなんだ!、ごめん、薬の量が減ってた事、全然気が付かなかったわ。」

「この子が、薬飲んじゃダメって言ってたのかな…?」

「かもな。」

「賢いね、この子(笑)」

「あのな、今朝もさ、っても昼近くだったんだけど、こういう不思議系の話って、俺、全然縁が無いし、信じてねぇクチじゃん?」

「なりさん、何かあったの?」

「まぁ、夢かも知れないし、俺が寝ぼけてただけかもしんないんだけどさ…、今日は、赤ん坊の手に、肩叩かれて目が覚めた…、俺、この手の嘘はつかないじゃん?」

「そうなんだ!、凄~い…、あんた偉いね、パパにもお知らせしてたんだね、エライ、エライ。」

自分のお腹を撫でながら、優しく話しかける嫁さんは、もう母親の顔になっていた気がした…。

「『わたし、元々、あんまり子供好きじゃ無いんだよね…』とか、『妊娠しても、絶対、薬やめられない』とかお前が言ってたの、なんか、嘘みたいだな…、その辺歩いてるママさんみたいな顔してるよ、今。」

「自分でも、凄い不思議な感じ、自分の子供だし、なりさんの子供だからだと思う…、産んでいいって、なりさん言ってくれたから、なんか、凄い安心したし、わたし達の赤ちゃんなんだ!、って、実感がなお更湧いて来たんだと思う…。」

「体、大事にしろよ!、二人で育てて行こうな…。」

「うん、まだ、不安な事、一杯あるけど、なりさんがそう言ってくれるなら頑張る…、だって、なりさんの赤ちゃんだもん。」

「よろしくな、二人とも!!」

嫁さんの腹に声をかけてみる…。

「もう、声掛けたりしたの分かんのかな?」

「もうすぐ、分かるって言ってたよ、先生。」

「そっか、まだなんだ。」

「でも、胎教に悪いから、音楽フルボリュームで聴くのは、これからは無しね!!」

「いや、この子は、ROCKに育てる!!」

「ダメだよ~、まだ、男の子か女の子かも分かんないんだよ!!」

「冗談だよ、冗談。」

「軽く本気入ってたでしょう?(苦笑)」

「軽くな…(苦笑)」

「ったく、もう!!」

「そう言えば、俺以外に、連絡したの?子供の事。」

「ううん、まだ誰にもしてない…、なりさんの気持ち聞いてからじゃないと怖かったから…。」

「じゃぁ、とっとと電話しとけ、今日はお祝いするぞ、その間に買い物行って来るから…、少しだったら、酒飲めるよな?」

「うん、少しにしておく。」

「料理は今日は、俺が作るから、お前ら主賓だ、ゆっくりしてな。」

「俺は飲むぞ、凄ぇ嬉しいから!!」

「あんたが来てくれたのに、パパ酔っ払うって、ダメなパパだね。(笑)」



この日から、親子三人の、アクシデントたっぷりの、新しい生活が始まった…。

不思議で素敵な受胎告知と共に…。





続く
スポンサーサイト

テーマ:たいせつなひと。 - ジャンル:心と身体

  1. 2008/01/31(木) 11:46:39|
  2. メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…(エピソード14) | ホーム | メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…(エピソード13) 「受胎告知」(前編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mentalreborn.blog104.fc2.com/tb.php/50-98f24edd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。