スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「生きて行く」を支える難しさ…それでも!

過日、私がご相談を受けていたクライアントさんと、悲しいお別れをして参りました。

この事を、日記にする事は無いと思っておりましたが、昨日、クライアント様の、お母様から、「娘が生きていた証になる様な物を、私達に言えなかった事を、嶋村さんだけが知っている事を、娘が隠したかった事意外で構いませんので、文章にして送って下さいませんか?」とのご依頼が入りました。

カウンセリングの内容は、クライアントさんが仮に亡くなったとしても、プライバシーの保護は、生き続けると考え、全ての皆さんのご相談内容を、墓場まで持って行くつもりでいる私は、一度は、お断りするつもりでおりました。

しかし、その際、お母様から、「娘の死が、誰かを助けるお役に立てるのでしたら、嶋村さんも、娘の名前を出さないで頂けるのであれば、公表して頂いて構いませんので、何卒、よろしくお願い致します。」

と言う、お母様の気持ちに打たれ、プライバシーの保護が必要な部分以外の、私との、とりとめの無い会話から出た、ご家族とのエピソードを文章にして、遅らせて頂き、そして、この日記を書かせて頂いております。

私に、彼女のご家族からご連絡があったのは、彼女が書いていらした日記に、私の名前が有ったからだそうです、日記を拝見させて頂くと、その日記には…。

今日もカウンセリングを受けて来た、最近、死にたい気持ちが少しずつだけど、減って来た気がする、嶋村さんも、何でもいいから、とにかく生きていてねって言ってくれた、生きてて欲しいって言ってくれた。
これからの事は分からないけど、私が生きて行く事を応援してくれているカウンセラーの嶋村さんの為にも、もう少し頑張って生きて行こうと思う。

とありました。

私の主観ですが、彼女は、寛解に向かっていると感じておりました、後一息で、自分の足でしっかり立ち上がって、その時に、少しだけ、背中を押してあげる手伝いが出来れば、彼女の好きな世界に戻って行けるんだろうなと思っていました…。

今回のお別れの原因は、交通事故、買い物帰りの出会いがしらの事故で、もう一度『命』を拾う事は出来なかったそうです。

この件に関しては、正直、昨日まで、私の中で感情を処理出来ずにいました。

ここまで回復して来て、生きて行こうとさえ思ってくれたのに、なぜ?
死にたい、消えたい、いなくなりたい、を繰り返していた、彼女が、ようやく生きて行く事に、方向を向こうとしていたのに…
「生きて行く」を支える難しさを改めて痛感しました。

怒りの矛先をドライバーにぶつける事は簡単です、ご家族なら、それも当然だとも思います。

お通夜の日に、ドライバーの方が、声を震わせながら、涙を流し、彼女の遺体に、土下座をして詫びている姿を見た私には、彼を責める事は出来ません…。

私自身、妻の自死の際、妻の親族から、妻を見殺しにしたのは、お前だの様な事を言われた事があります、妻が亡くなる時に、側にいれなかったと言う点では、それは、間違いでは無いでしょう、誰かに敵意をぶつけたいと言う気持ちは痛いほど分かりますし、私自身も、自分に対して怒りと、不甲斐なさをぶつけ続けていましたから、甘んじて、妻殺しの汚名を受けていました。

ただ、責任を誰かに転嫁しても、亡くなった人間が帰って来はしません。

ならば、自分には何が出来るのでしょう?

今回は、悲しい事ですが、誰かの力では回避出来なかった交通事故という、お別れでしたが、今の世の中、誰かの力や気持ちで救い上げる事が出来る『命』が、数限りなく、置き去りにされています。

この現状を放って置く事を、自分はしたくありません!

その為のNPO法人設立に現在奔走しております、直接、間接的を問わず、多くの皆さんの協力や、賛同、応援も頂いております。
この、拙い日記を読んで下さっている皆さんにも、感謝の言葉が見付からないほどの気持ちで一杯です。

過日行ったNPOの役員会議でこの法人は、とにかく、駆け込み寺にしようと言う意見で、見解が一致しました。

NPO法人の認可が下りるまで、もう少しお時間が掛かると思いますが、体制が整い次第、様々な形で皆様にお伝えして行きたいと思っております。

だから、それまで、『死にたい』『消えたい』『いなくなりたい』の気持ちに負けないで!!

「生きて行く」を支える難しさは、分かっているし、全てが自分や仲間達の力で拾えるなんて驕りは無いけれども、自分達に手を伸ばしてくれた人には、全力で対応させて貰います!!

「生きたい」を抱えたまま、不本意にも逝かねばならなかったクライアントさんの思いも背負いながら、嫁さんの想いと一緒に…。

今日から、また、前に進みます!!

また、この日記を書く事を了承して下さった、ご家族の皆様にも、この場を借りて、お礼させて頂きます。
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/04/10(木) 11:28:43|
  2. MENTAL REBORN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NPOについてのご質問へのご回答と、私達の目的ぶっちゃけ話 | ホーム | 彼岸会(ひがんえ)~そして、皆様へ…。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mentalreborn.blog104.fc2.com/tb.php/54-eee97df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。