スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(18禁)メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…エピソード18「家族」(後編)

このエピソード達は、俺と、今は亡き、嫁さんが過ごして来た時間を懐古しながら、今現在、そういった状況で、悩んだり、困ったり、つまづいたりしている、人達の何かの役に立てればと思い、不定期で、自分と嫁さんのエピソードを、ノンフィクションで、書き綴っているものです…。

現在進行形の物語ではないので、ご注意を…。
また、今回は、ソフトな性描写を含みます、苦手な方は読み飛ばして下さい。


エピソード18「家族…」(後編)


……「だったら、今言えよ。」……

嫁さんの唇が動きかける…、わずかな空白の時間…。

「やっぱり、今は言えない…、一緒に飲んで、お風呂に入ってから話すよ。」

「うしっ!分かった、じゃぁ、久しぶりに二人で飲むか!」

「何かおつまみ作ろうか?、わたしだと簡単な物しか作れないけど、いい?」

「うん、頼む、久しぶりに、お前の手料理食べたいし、その間に、俺がシャワー浴びて来ちまうわ。」

「ラジャー!ママに任せて!(笑)」

シャワーを浴びながら、ふと、自分の顔が、ほころんでいる事に気付く、娘が産まれた事がそうさせるのだろうか?嫁さんが無事に帰ってきてくれたからなのか?
嫁さんの娘を抱く時の嬉しそうで、限りなく優しい表情が目に浮かぶ…、二人の時には稀に見せていた、愁いの表情や、険のある表情が、まるで無くなった様に感じていた…。

(嫁さんの病気これで治るんじゃねぇのかな…。)そんな事さえ考えていた。

「なりさーん、おつまみ出来たよー。」

「おう、俺も今出るとこー。」

簡単なつまみが数品並ぶ、どれも、久しぶりの嫁さんの手料理、素直に嬉しい。

「ねぇ、早く乾杯しよっ!」

「そうだな、じゃ…、乾杯!二人とも無事に帰って来てくれてありがとう、これからもよろしくな…。」

一瞬、涙目になる嫁さん。

「こちらこそ、よろしくね、今度は二人分でよろしく!(笑)」

ビール4本分の2人の時間…、久しぶりの嫁さんとの晩酌を終える。

「なりさん、わたしもシャワー浴びて来ていい?」

「いいよ、片付けは俺がやって置くよ、チビちゃんも見とくから、行っといで。」

「ありがとう、でも、わたしが出るまで、寝ちゃダメだからね!」

「はいよ!了解!なんか、話があったんだよな」

「うん…、だから、待ってて。」

片付けをさっさと済ませ、寝室で、娘の寝顔を見ながら、嫁さんを待つ。

「あがったよー、ちびちゃん寝てる?」

「うん、ぐっすり、つかれたんだろうな、きっと。」

「そっか、寝てるか、丁度よかった。」

俺の布団に入り込む嫁さん、考えてみれば、嫁さんと一緒に寝るのも久しぶりだった。

「話があるって言ってたよな?、聞きたい事って何?」

「……うん……あのね…、なりさん、わたしの事嫌いになった?」

「えっ?なんで?」

「だって…。」

「だってなんだよ?」

「だって、なりさん、妊娠してから一回も抱いてくれなくなったじゃない!」

嫁さんの目から涙が溢れる…。

娘が眠っている事を確かめてから、そっと、嫁さんを抱き寄せる…。

「ごめんな、本当に俺知らなかったんだ、お前と、ちびの事心配して、何もしちゃいけないんだって思ってた…。」

「やっぱりそうだったんだ…、少しは勉強しなさい!、すごく寂しかったし、もう、なりさんに抱いて貰えなくなったんじゃないかって不安だったんだから…。」

「悪かったな…、だったら、これから抱いてもいい?」

嫁さんの唇が動く前に、俺は、いつもとは違う、特別なキスをした…。

そして、髪を、肩を、背中を…、身体中をやさしく撫でていった…。

「嬉しい…。」

再び溢れ出す、嫁さんの涙を唇で拭う…。

嫁さんの口から、嗚咽と、喘ぎ声が入り交ざる…。

そして、一年の時を経て、二人は一つになった…。

その時、娘は…、寝たふりをしてくれていたらしい…(笑)

嫁さんが、俺の腕におさまるのと同時ぐらいに泣き出した娘に、二人で苦笑した…。

が、次の瞬間、嫁さんは、『女』の顔から、『母親』の顔に戻っていた。

母乳をあげ終え、娘を寝かし付けた嫁さんが、ぽつりと漏らす。

「なりさん、この子が生まれて来てくれて、こうやって三人で暮らせる様になったじゃない?なりさんと結婚した時も思ったけど、なんかね、改めて、これが、わたしの本当の意味での『家族』なんだなって、実感出来て凄く嬉しいんだ…。」

「そうだな、大切にしていこうな、この『家族』」

「わたしが本当に欲しかったのは、『家族』って胸を張って言えるものだったのかもなって最近気付いたんだ、なりさん、あと、ちびちゃんも本当にありがとう。」

「三人で頑張って行こうな、ゆっくりでもいいから、大事に創って行こう、『家族』」

この日からの数ヶ月が、俺にとって、人生最大の幸せの絶頂だったのかも知れない…。



続く
スポンサーサイト

テーマ:たいせつなひと。 - ジャンル:心と身体

  1. 2008/07/25(金) 16:35:00|
  2. メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…エピソード19「幸せな育児~」(前編) | ホーム | メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…(エピソード18)「家族」(前編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mentalreborn.blog104.fc2.com/tb.php/67-1522afc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。