スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…(エピソード24)「転職と不協和音」(後編)

このエピソード達は、俺と、今は亡き、嫁さんが過ごして来た時間を懐古しながら、今現在、そういった状況で、悩んだり、困ったり、つまづいたりしている、人達の何かの役に立てればと思い、不定期で、自分と嫁さんのエピソードを、ノンフィクションで、書き綴っているものです…。

現在進行形の物語ではないので、ご注意を…。



エピソード24「転職と不協和音」(後編)


就職活動とは言っても、状況は緊急を要した、悠長にハローワークで職探しや転職サイトに登録して、数ヵ月後から雇用なんて余裕は全く無い様な経済状況にまで、俺の休職は影響していた…。

「なぁ、生活費、いつまでに入れれば何とかなる?」

「少なくても今月は、やり繰りすれば何とかなるし、最悪、カードでキャッシングも出来るから、なりさん、本当に無理しないで、それに、どうしてもお仕事探すんだったら、なりさんが、本当にやりたい仕事を見つけて!お金の為にやりたくない仕事に付くのだけはやめてね!」

「今は、そうも言ってられねぇだろ?とりあえず、給料が良くてすぐに働かせてくれるとこがあったら決めちまうわ、もうお前に無理させたくないからさ、相互扶助だろ?」

「本当に無茶な仕事はやめてね!もう、わたし達には、この子もいるのだけは忘れないでね!」

嫁さんの必死の願いも響かないほど、 当時の俺は自分が働かなかった事で、大切な家族に負担を掛けてしまった罪悪感で一杯だった…。

就職先を見つける為に、自分の当時のコネクションをフル活用するも、条件が条件だけに思うように事は進まない…。

いたずらに時間が過ぎて行く、増えて行くのは、嫁さんの疲労と俺の罪悪感、そして、借金…。

その間、友人を通して何件かのオファーは来たものの、どうしても条件が噛み合わない、当時の俺の頭には、高給を取って来て、大切な家族に失わせてしまった安定した生活を取り戻したい、その一念だけだった。

俺自身が煮詰まってしまっていたある深夜、一時は治まりつつあった頭痛の発作がやって来る。

心配し、寄り添ってくれる嫁さんの優しさに、また動けなくなるのかと言う苛立ちと、不甲斐なさが、行ってはならない方向に、俺の思考を向かわせた…。

頭痛薬を数錠のみ、痛みを強引に押さえ込み、黒のスーツに着替える。

「なりさん!そんな格好でこんな時間に何処に行くつもり!?」

「ごめん、俺、もうお前達に迷惑掛け続けるのに耐えられねぇわ…。」

「だからって何をするつもり!?」

「大丈夫、お前達には、もう迷惑掛けないから、ちょっと出かけて来る。」

「どこに?ふざけないで!」

「俺さ、保険に入ってるだろ?一番保険金が入る方法で上手くやるから後の事頼むな…、今までありがとう。」

その言葉を吐いた瞬間、嫁さんの渾身の平手が俺の顔を叩いていた…。

目の前には、始めて見る本当の怒りに震える嫁さんがいた…。

「いつも、死にたいって言うのはわたしの方でしょ!それを、いつも止めるのは誰よ!?」

「これ位しか思いつかねぇんだからしょうがねぇだろ!」

「あっそう!なりさんが死んだら、わたし、この子と一緒にすぐ追いかけるからね!それでもいいなら、もう止めない、好きにすれば!」

「金どうすんだよ!今の俺じゃお前らの食い扶持も稼いでこれねぇんだぞ!」

「そんなお金があったって、なりさんがいないんじゃ意味無いでしょ!そんなお金要らない!お願い!冷静になって!」

大声を張り上げながら、二つの瞳から大粒の涙をこぼし続ける嫁さんの姿にやっと、現実に引き戻される…。

「悪りぃ、俺がどうにかしてた…、本当にゴメン…。」

俺の言葉に、その場にへたり込む嫁さん。

長い沈黙…。

「なりさん…お金の事、もういいよ…、今は考えるのよそう…わたし、明日、仕事休む…、チビちゃん保育園に預けるから少し、二人の時間持とう?」

翌日、仕事を休んだ嫁さんと、何をする訳でもなく…、何を話す訳でもなく…、娘を迎えに行くまでの時間、ひたすらお互いを抱きしめあって1日を過ごした。

あったかい一日だった…。

それから数日後、友人から一本の電話が入る。

「六本木の新規オープンのマネージャーを探してる人がいるんだけど、嶋ちゃんの話をしたら、すぐに会いたいらしいんだ、今週、時間とれる?」

「給料いいの?」

「前の仕事の手取りにプラス五万だって、あとは更に歩合が付くってさ。」

「いつから、仕事に入れそう?」

「新規の立ち上げから手伝って貰いたいみたいだから、早ければ来週位からじゃないかな?」

「お願い!すぐ、アポ取って!」

嫁さんに相談をせずにアポを取った。

この一本の電話が、二人に不協和音を生み出す事になる…。


続く
スポンサーサイト

テーマ:たいせつなひと。 - ジャンル:心と身体

  1. 2008/09/19(金) 12:31:19|
  2. メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お詫びとお願いです。 | ホーム | メンタル疾患の彼氏彼女を持つ人達へ…(エピソード24)「転職と不協和音」(前編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mentalreborn.blog104.fc2.com/tb.php/79-352d8784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。